スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憧れのクリムト 

昨日夕方、偶然テレビをつけたら、クリムトの特集?をやっていました。クリムトが"日本"というものにものすごく影響を受けていた、というのを検証していく旅番組で、おもしろくて食い入るように見てしまった大学時代、ある画集をみたのがきっかけで好きになったクリムト。3年前にはかなり興奮気味に神戸までクリムト展を見に行ったっけね(笑)。「ベートーベン・フリーズ」、よかったなー。ベートーベン・フリーズは、その名の通り、ベートーベンを讃えた絵で、ベートーベンのが流れる一つの部屋の3面の壁にストーリー性のある絵が描かれたもの。私が見たのはもちろん複製だけど、その壮大さにただただ感動したのですクリムトの描く女性のアンニュイな表情がとてもスキ。昨日のテレビでは、クリムトの作品を研究している人の解説もあったりして、この解説を踏まえてもう1回見てみたいなあと思いました。願いがかなうなら、一度ウィーンで本物を見たいなあ誰か連れてってくれい。


今日の晩ご飯
・豚の生姜焼き丼
・湯豆腐・お野菜たっぷりで~

生姜焼き丼はうちの母のレシピ…というほどのもんじゃないか。バターで炒めて塩コショウをした玉ねぎをのっけてます。お肉が少ないのをごまかしましたが、何か?笑
スポンサーサイト

[2006/01/30 22:31] スキなもの | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。