スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北欧旅日記vol.8(0709 列車の旅~憧れのデザインホテル編) 

7月9日。朝からテレビの天気予報とにらめっこするも、今日も相変わらずのお天気。せめて雨が降らないと願うばかり
P1030656s-.jpg
昨日夕食を食べたレストランで朝食バイキング。ここのホテルはパンが美味しくて、相方はいろいろ食べ比べをしてましたお皿の手前に写っているのは、どこのホテルの朝ご飯にもあったフィンランド名物?のカレリアンパイ。帰ってきて調べたところによるとミルクがゆのパイだそう。食べ方がよくわからずそのまま食べたけど、あんまり味がなかった…どうやって食べるものだったんでしょう。はて。

今日はこれからバスでトゥルクまで戻り、そこから列車に乗ってヘルシンキまで移動です。乗り物好きの相方は船やら列車やらいろいろ乗れるだけで旅が楽しくて仕方ない様子(笑)。
ホテルの前のバス停から昨日と同じトゥルクバスに乗り、地図を片手に相方の“勘”で下車(笑)。旅行ではホントに頼りになる相方さんです。
P1030671s-.jpg
フィンランド第3の都市トゥルク。街並みも古都ならではの趣がある建物が多くて、時間があればゆっくり見てみたかったななんとか1時間に1本の列車に間に合わせるべく、トゥルク美術館を横目に石畳の上をスーツケースをゴロゴロ…。

P1030674s-.jpg
地図を頼りに、列車出発の5分前にトゥルク駅に到着。間に合いました~相方が事前に調べてメモを作っておいてくれたおかげでチケットもすんなり購入~2階建ての列車に乗り込み、ここから2時間列車の旅です。

P1030686s-.jpg
列車の中は日本と同じようにとっても清潔でイスの座りごこちもいい感じ。リュックやボストンバックを抱えたお客さんが何人か乗り込んできたものの、ヘルシンキまではあまりお客さんも増えず、ゆったり過ごすことができました。窓の外には果てしなく続く田園風景、のどかでよかったな~

ここで驚いたのが、列車が驚くほど静かなことでした。相方曰く、たぶん線路の幅が広かったり、走行中の振動やら騒音が少ない設計になっているのだろうとのこと。それと、昨日のバスのように、ここでも車内のアナウンスがほとんどありませんでした。駅が近づくと、静かなチャイムが一度鳴るのと車両の一番前の電光掲示板が変わるだけ。ここまで静かだと、日本のアナウンスがうるさいと思えてしまうくらい(笑)。心地よい不便さ…日本にいると、何もかも便利で何もかも必要以上にサービスされていて、たぶんそれに慣れてしまっていたけれど、こちらで数日過ごしているうちに、なぜかこちらのほうがちょうどいいと思えてしまう。不便さが心地いいなんてちょっと変かもしれないけど、いろんな場面で何度もそう感じた旅でした

P1030692s-.jpg
相方とおしゃべりしているうちに、12:00ごろヘルシンキに到着。私たちが乗ってきたInter Cityをパチリ。ヘルシンキ中央駅は天井が高く、上部の大きなまどから太陽の光が差し込むとても開放的な感じの駅。さすが首都の駅だけあって、大きな荷物を抱えた人であふれていました。

ヘルシンキについてまず向かったのが、中央駅地下にあるインフォメーションセンター。ここで3daysのツーリストチケットを購入しました。これで地下鉄、バス、トラムに3日間乗り放題!乗り方もとっても簡単で、最初に乗るときに打刻機にカードを差しこむだけで、あとは持っていればいいだけなのです。改札をよーく観察していると、みんな何もせずどんどん中に入っていく。もちろんアラームも何も鳴りません。なんて大らかな乗り方(笑)。

荷物を預けるために地下鉄に乗りこみ、私たちが向かったのは中央駅から一駅のカンピ駅。
P1030844s-.jpg
地下鉄の中もビビットでカラフル!

P1030698s-.jpg
数分でカンピ駅に到着~。ホテルは駅から徒歩2分のところだったので迷わずたどりつけました。北欧といえば、デザインホテル!今回の旅初めてのデザインホテルなのでとっても楽しみにしていたのです。

P1030841s-.jpg
私たちが泊まったラディソンSASロイヤルホテル。深紅を基調にした落ちついたトーンでまとめれたエントランスホール、ステキですチェックインのときから、一人テンションが上がるわかりやすい私(笑)。

P1030707s-.jpg
さすがに廊下もおしゃれだぜー

P1030700s-.jpg
ドアを開けた瞬間、おもわずわぁ~、と言ってしまった部屋の中。肩肘張らないシンプルなかっこよさは北欧ならではかも

P1030704s-.jpg
あとは、アメニティもかなり充実していたのがうれしかったあとは、バスタブがあったのもありがたい~。日本人はやっぱり湯舟につからないとっ

P1030840s-.jpg
ちょっとゆっくりしてから出かけようと、荷物を片付けていると、朝から降っていた小雨が上がりだんだんお天気が良くなってきたこのたび初めての晴れに喜びながら、雨のつもりで立てていた予定を急遽変更することに時計を見ると13:00すぎ。お腹もだいぶすいてきましたっ!
スポンサーサイト

[2007/09/02 18:39] 北欧旅日記 | トラックバック(-) | CM(2)

こんにちは☆
北欧旅行日記楽しく読ませていただいております☆
どの風景も素敵でうっとり。
海外旅行に行くと相方さんの性格が
すごく分かるとかってよく言いますが、
なぁさんの旦那様ほんとに行動力あるし、
ナイス勘だし(笑)頼りなるお方ですよね☆
裏やましい・・
デザインホテルもすごく素敵♪
なぁさんの日記見てたら           
北欧にすごく行きたくなります!!
でも私たちの新婚旅行には寒いだろうなぁ・・・


[2007/09/05 19:09] ふぅ [ 編集 ]

>ふぅさん
お返事遅くなってしまってごめんなさい(>_<)
北欧旅日記、まだ終わりません…。さすがに引っ張りすぎだなあとは思いつつ、残りがんばります。(笑)
読んでくださってありがとうございます~♪
しかし、頼りになるダンナさんとはいえ、旅行中はケンカばっかりでしたよ~。
二人とも自己中やし、お互い機嫌が悪いときは最悪でした^^;
ふぅさんのハネムーン計画も着々??
北欧の冬、きっとステキですよ!
うちらも次行くなら冬、って言ってますもん!
オーロラも見てみたいし、サンタさんの村にも行ってみたいなあ^^

[2007/09/07 23:20] なあ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。