スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北欧旅日記vol.9(0709 屋台ご飯とスオメンリンナ編) 

北欧に来て4日目、待ちに待ったお日様登場この街にはやっぱり青い空がよく似合う!
P1030723s-.jpg


ホテルを出て、地下鉄でまた中央駅へ。ここからトラムに乗り換えてマーケット広場へ向かいますヘルシンキの移動ではこのトラムがなくてはならないもの。乗り方は昨日買ったツーリストチケットを持っているだけ。地下鉄と同じように、基本的にはノーチェックなので、たまに乗り込んでくる駅員さんにカードや切符を見せて検札を受けるという仕組みです。検札の時に切符を持っていなければ罰金を払わなければならないとはいえ、ある意味無銭乗車し放題経営は大丈夫なんだろうか、なんて余計な心配をしてしまう(笑)。ストックホルムの地下鉄と同じように最初は慣れなかったけど、慣れてくれば路線図片手にどこへでも行けるようになりました。ホントに便利~

トラムを降り、ガイドに乗っていたインフォメーションセンターでいろいろパンフレットをもらってから(日本語もあるのです。)、港の方へ歩いていくと、マーケット広場が見えてきました。
P1030715s-.jpg
この時期の北欧は短い夏を惜しむかのように野菜や果物が豊富なのだそう。旬のベリーを売っている屋台がたくさんありました

お昼ご飯を食べるべくウロウロしていると、美味しそうなサーモンが目に止まった屋台に入るコトに。オーダーしようと列に並んでいると、びっくり!なんと、このお店、日本人の女性が働いておられるたのですお互いにびっくりしつつ、お勧めを教えてもらったりして、スムーズにオーダー終了(笑)。忙しくされていたのでちょっとしかお話できなかったけど、気さくでいい方でした~
P1030719s-.jpg
私たちがオーダーしたサーモン&ポテトと、サーモン&パエリアのランチ。サーモンが美味しいことはもちろんなんだけど、サーモンにかかってるソースがまた絶品相方は久しぶりに食べたお米(パエリア)に感動しておりました。スウェーデンのニシンの屋台といい、物価が高くて食事代もばかにならない北欧では、こういうお店はホントにありがたい

P1030735s-.jpg
お腹も満たされた後は、急遽行くことが決まった本日の目的地、スオメンリンナに出発です。スオメンリンナへはマーケット広場横の港から船で向かいます。ツーリストカードで乗ることができる船を選んで乗船!風がきもちいい~

P1030732s-.jpg
港にはヘルシンキ着のシリヤラインが!私たちが乗ったトゥルク着の便はこれよりも少し小型のものでした。まさかここでまたこの船に会えるなんて(笑)。

P1030777s-.jpg
いいお天気の中ののんびりクルーズも20分ほどで終了。いよいよ島へ上陸です。スオメンリンナはフィンランドの南海岸を守る要塞としての機能を果たしていたところ。スウェーデンやロシアからの侵略を防ぐための防御壁や大砲、砲台なんかが今も当時の面影を残しています。…なんて書くとちょっとおどろおどろしい感じを想像してしまいそうだけど、今は緑豊かな平和な公園になっていて、ベビーカーを押しながらお散歩に来ているファミリーやピクニックしているカップルがいたり、とってものどかなところでしたあ、ビジターセンターには無料のトイレもありました(笑)

P1030760s-.jpg
私たちもてくてくお散歩~

P1030780s-.jpg
マップを頼りに見つけた大砲。見晴らしのよい小高い丘の上にありました。今となっては平和のシンボルのようなこの島で、とっても異質な黒い物体…

P1030783s-.jpg
せっかくのお天気、私たちもピクニック!とまではいかねいけど、持ってきたお菓子とお水でのんびり休憩中することに。こちらに来てからずっとジャケットが手放せなかった北欧の旅だったけど、ここにきて初めて二人ともカットソー一枚になってましたうちの近くにあったら毎週末来てそうなスオメリンナ。たまにはこういうのもいいなあ

3時間ほどのお散歩の後、同じフェリーでまた市街へ戻ります~
スポンサーサイト

[2007/09/09 15:40] 北欧旅日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。